男と少女 (Japanese Translation of The Man and the Little Girl)

Smart little girl in glasses. | Premium Photo
Photo credit: freepik 


Note: I wrote this in English and I used Google Translate to write the text in Japanese.
  Translation Credit: Google Translate 
          
家庭教師をしていた学生日本人ではない)からTOEICえてもらった。もちろん、肯定的えました。のレベルを決定するために、模擬TOEICいました。質問1つはのとおりです。

Question:
Customers who need ______lengthy documents over the Internet should have their network connection configured to optimize large data transfers.

A.   receive   B.   to receive.   C.   receiving    D.  reception

学生最初構成という単語意味説明するようにみました。に、解剖しました:主要主題下線き、関連する括弧み、対代名詞動詞決定し、動詞決定し、不定詞機能のために脳細胞りました、そしてはそれをすことができました不定詞は、名詞および名詞として機能でき、主語、オブジェクト、または述語/として機能できます。また、修飾語として、不定詞名詞形容詞、および副詞変更できます。しい7期間男性20代半ばにBびました。もちろん、しかったです。

 準備をしているそののせんさくきな8のヘゼルがのところにやってて、TOEICり、先生のふりをしました。彼女瞬間台無しにしたくないので、学生のふりをしました。はその男性えるようにんだ質問彼女せました。彼女しいえをえるようにみました。しためらうことなく、はすぐにBびました。なぜ彼女Bんだのかねると、をひそめ、「理由がわかりますか?にかなっているので!」といました。
それで、これはしていますか?

TOEIC質問えるのに、さな大人よりれているとっているのではありません。
それで、さそうとしていますか?


少女実際のリスニング、スピキング、リディングにさらされました。その彼女2年間フィリピンの学校っていました。実際にリスニング、スピキング、リディングをじて文法習得したため、本能的文法ルを適用することができました。彼女はどの単語空白まるかをるために分析する必要はありませんでした。しかし、はどの単語最良えであるかを理解するに、最初形式とそのすべての要素研究しなければなりませんでした。そして、その学校英語めたことをべさせてください。たちが数学をすれば、男性よりも英語ぶのに長年経験がありましたが、男性よりもはるかに流暢英語しました。うまでもなく、TOEIC質問への回答ははるかに上手でした。

 

真実は、くの学生文法規則単語えるのにくの時間、お努力やしていることです。それがらがすとき、または英語質問えるとき、らはえる精神的分析し、そのパタンと修飾語識別します。言語構造ぶことはもちろん非常いです。そして、しい言葉しい表現など、記憶にコミットしなければならないものがあります。しかし、しになりますが、これらすべての記憶されたルルとしい単語補足するかがなければなりません。文法知識語彙しい使、さらにはりでさえも、読書直接結果であることが何度証明されています。むことで、生徒推論え、え、原因結果決定など、のスキルもにつけることができます。学生は、文章分析し、理解できない文法規則するだけでなく、くこととむことの意味集中するように訓練する必要があります。暗記すぎると、情報自分処理する学生自然能力麻痺します。

しかし、をしたいくつかの学生はいくつかのポイントをげました。らは、らの教師っていたすべてを暗記してコピするように訓練されたと主張した。らはすように訓練されていなかった。らは教師ったすべてに「はい」とうように訓練された。らはただ、ますますくの単語文章暗記し、暗記し、暗記し、暗記したいだけだといました、そしてそれだけです。らは英語する方法えるにはりすぎているとらはった。


 らの要点理解し、らに共感しますが、ちょっと...ってることができますか?方法使けると、結果ると期待できますか?
最後に、言語英語するときの2つのなル説明します。
 1.、またはなくとも英語き。
2.プンマインドであること。メソッドが使用されているからといって、それがであるとはりません。


Comments

Popular Posts