English and the Philippines



“GlobalEnglish Corporation…announced the results of its annual Business English Index, the only index that measures the Business English Proficiency (of non-native English speakers) in the workplace.”
             
"Only the Philippines attained a score above 7.0, a BEI level within range of a high proficiency that indicates an ability to take an active role in business discussions and perform relatively complex task.”

The sentences quoted above are actually excerpts of a news article that circulated a few days ago. Yes, with a total of 108,000 test takers from 76 countries, the Philippines, with a score of 7.11, topped the exam and was thus declared as the best country in terms of Business English Proficiency. (The test, I would like to clarify, was given only to non-native English speakers.)


One might wonder how the Philippines, a small Southeast Asian country often pictured as a dangerous and poor country, emerged as the champion in this field.
 It is common for anybody to ask himself the following questions:  Where in the world is the Philippines? How did the Filipinos learn to speak English? Do they speak standard English? If the Filipinos speak English well, can they teach the language, too?

               It is understandable why people get skeptical at times. After all, the Philippines has always been presented by foreign media as nothing but a country plagued by poverty and violent crimes, often stricken by earthquakes, typhoons, floods, volcanic eruptions, landslides and the like. Well, these disasters don’t happen every day, and it is a fact that even in most advanced countries, crimes do happen. This article then shows the other side of this beautiful nation which is often regarded as The Pearl of the Orient Seas. 

The Philippines is an archipelago made up of more than 7,000 islands and it lies south of the beautiful island Okinawa. The Philippine oceans are crystal blue, the islands are captivating. The sunsets are lovely and the beauty of the tropical trees   gives relaxation to the weary traveler.  The Philippine cities, like other cities in the world, boast of skyscrapers and bustling business areas.  The Filipinos are a hospitable and inviting people who love to sing, dance and laugh.



  
However, to understand the present, it is important to learn and analyze the series of past events.

Our history books vividly describe the events back when the Philippines was conquered by the mighty United States of America many decades ago. The Philippines was a colony of The United States of America from December 10, 1898 to July 4, 1946. In August 1901, a group of about 500 pioneer American teachers were sent by the US government to the Philippines. These men and women were later called Thomasites, and the term was from the name USS Thomas, the ship that transported those noble and selfless men and women from America to the Philippines. Hundreds of American teachers followed the Thomasites in 1902, and they were later assigned in various Philippine provinces. The Thomasites were sent to the Philippines to establish school systems, and to train Filipino teachers the fundamentals of teaching English. Those American teachers taught Filipinos not only English but also agriculture, reading, grammar, geography, mathematics and even domestic tasks such as sewing and crocheting.  Sports and many other matters were taught using English as the only medium of instruction. Of course this doesn’t mean that Filipinos back then didn’t know those subjects; the American teachers were simply teaching them the English language. Interestingly, prior to the arrival of the Thomasites, American soldiers were already teaching the Filipinos English. Needless to say, the everyday association of Filipinos with the Americans for almost half a century made them acquire the language naturally. This brief history explains why the Philippines has two official languages, Filipino (standardized Tagalog) and English. The English language and English ways thus became enmeshed in the Philippine culture.

Now, English is the language used in business, religious affairs, print and broadcast media. In highly complicated subjects such as medicine,  calculus, algebra, physics, chemistry, philosophy, psychology, sociology, biology and all branches of science,  English is the only medium of instruction used. English is the only language of our computers. English movies and English TV programs have no subtitles. Because English is part of the training courses from primary to tertiary education, most Filipinos can speak and understand spoken and written English.



It may be surprising to learn that there are many social classes or levels of people in the Philippines. The common people such as taxi drivers, sales clerks, house helpers and sidewalk vendors speak English but with strong Spanish or regional accent and pronunciation. Even beggars can understand English. In the mountainous provinces of Northern Luzon, the biggest island in the Philippines, it is common to see barefooted and half-naked children playing in the dirt, but if you ask them to give you  some directions, they will give you directions in English.  The highly trained people, like English teachers and other professionals speak English fluently with a neutral accent and pronunciation.  Affluent families, or those families who belong to the upper class, speak only English. Even their house helpers speak English fluently. Yes, English plays an important role in the everyday lives of Filipinos, and English is very much a part of every Filipino. 




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


Thank you for clicking "like" !

Japanese Translation by Google Translate

「GlobalEnglishCorporationは、職場での(英語を母国語としない)ビジネス英語能力を測定する唯一のインデックスである、毎年恒例のビジネス英語インデックスの結果を発表しました。」
             
「フィリピンだけが7.0を超えるスコアを達成しました。これは、ビジネスの議論で積極的な役割を果たし、比較的複雑なタスクを実行する能力を示す高い習熟度の範囲内のBEIレベルです。」

上で引用した文章は、実際には数日前に出回ったニュース記事の抜粋です。はい、76か国から合計108,000人の受験者があり、フィリピンは7.11のスコアで試験を上回り、ビジネス英語能力の点で最高の国として宣言されました。 (はっきりさせておきたいのですが、このテストは英語を母国語としない人だけに与えられました。)

危険で貧しい国として描かれることが多い東南アジアの小さな国であるフィリピンが、この分野のチャンピオンとしてどのように浮上したのか不思議に思うかもしれません。
 誰もが自分自身に次の質問をするのが一般的です:世界のどこにフィリピンがありますか?フィリピン人はどのようにして英語を話すことを学びましたか?彼らは標準英語を話しますか?フィリピン人が英語を上手に話すなら、彼らもその言語を教えることができますか?

人々が時々懐疑的になる理由は理解できます。結局のところ、フィリピンは常に、地震、台風、洪水、火山噴火、地滑りなどに襲われることが多い貧困と暴力犯罪に悩まされている国として、外国のメディアによって紹介されてきました。ええと、これらの災害は毎日起こるわけではなく、ほとんどの先進国でさえ犯罪が起こるのは事実です。次に、この記事では、東洋の海の真珠と見なされることが多いこの美しい国の反対側を示します。

フィリピンは7,000以上の島々からなる群島で、美しい沖縄本島の南にあります。フィリピンの海はクリスタルブルーで、島々は魅惑的です。夕日は美しく、熱帯の木々の美しさは疲れた旅行者にリラックスを与えます。フィリピンの都市は、世界の他の都市と同様に、高層ビルとにぎやかなビジネスエリアが自慢です。フィリピン人は、歌ったり、踊ったり、笑ったりするのが大好きな、親切で居心地の良い人々です。

しかし、現在を理解するためには、過去の一連の出来事を学び、分析することが重要です。

私たちの歴史書は、何十年も前にフィリピンが強力なアメリカ合衆国に征服されたときの出来事を鮮やかに説明しています。フィリピンは1898年12月10日から1946年7月4日までアメリカ合衆国の植民地でした。1901年8月、約500人の先駆的なアメリカ人教師のグループが米国政府からフィリピンに派遣されました。これらの男性と女性は後にトーマス人と呼ばれ、その用語はUSSトーマスという名前から来ました。これは、これらの高貴で無私の男性と女性をアメリカからフィリピンに輸送した船です。 1902年に何百人ものアメリカ人教師がトーマス人を追跡し、後に彼らはフィリピンのさまざまな州に配属されました。 Thomasitesは、学校制度を確立し、フィリピン人教師に英語教育の基礎を訓練するためにフィリピンに派遣されました。それらのアメリカ人教師は、フィリピン人に英語だけでなく、農業、読書、文法、地理、数学、さらには裁縫やかぎ針編みなどの家庭の仕事も教えました。スポーツやその他の多くの事柄は、英語を唯一の教授言語として使用して教えられました。もちろん、これは当時のフィリピン人がそれらの主題を知らなかったという意味ではありません。アメリカ人の教師は単に彼らに英語を教えていました。興味深いことに、トーマス人が到着する前に、アメリカ兵はすでにフィリピン人に英語を教えていました。言うまでもなく、ほぼ半世紀の間、フィリピン人とアメリカ人との日常的なつながりにより、彼らは自然に言語を習得しました。この簡単な歴史は、フィリピンにフィリピン語(標準化されたタガログ語)と英語の2つの公用語がある理由を説明しています。このようにして、英語と英語のやり方がフィリピンの文化に巻き込まれました。

現在、英語はビジネス、宗教、印刷物、放送メディアで使用されている言語です。医学、微積分、代数、物理学、化学、哲学、心理学、社会学、生物学、および科学のすべての分野などの非常に複雑な科目では、英語が使用される唯一の教授言語です。私たちのコンピューターの言語は英語だけです。英語の映画と英語のテレビ番組には字幕がありません。英語は初等教育から高等教育までのトレーニングコースの一部であるため、ほとんどのフィリピン人は話し言葉と書き言葉の英語を話し、理解することができます。

フィリピンには多くの社会階級や人々のレベルがあることを知って驚くかもしれません。タクシーの運転手、店員、ハウスヘルパー、歩道の売り手などの一般の人々は英語を話しますが、スペイン語または地域のアクセントと発音が強いです。物乞いでも英語が理解できます。フィリピン最大の島、ルソン島北部の山岳地帯では、裸足や半裸の子供たちが土で遊んでいるのを見るのが一般的ですが、道案内を頼むと英語で道案内をしてくれます。英語教師や他の専門家のような高度な訓練を受けた人々は、中立的なアクセントと発音で流暢に英語を話します。裕福な家族、または上流階級に属する家族は英語しか話せません。彼らのハウスヘルパーでさえ英語を流暢に話します。はい、英語はフィリピン人の日常生活において重要な役割を果たしており、英語はすべてのフィリピン人の大部分を占めています。








Comments

  1. English is the hardest language to be fluent in, in the world. However, it is not the hardest language to learn on the basic level.

    ESOL courses

    ReplyDelete

Post a Comment

Popular Posts